RESEARCH研究活動

  1. 新着情報
  2. 社会活動
  3. 著書・論文
  4. 口頭発表
  5. 助成金
  6. 教育活動

MESSAGE
ご挨拶

在宅看護学ホームページにようこそ。

 療養者や家族が、その生活の場で必要としている医療・看護・介護を包括して提供していくことを通して、その先にあるQOLの向上を意識しながら看護実践を行うことができる看護職をめざします。
 在宅看護の対象者は、「生活者」であるすべての方々だと思っています。その皆さまが、病気や障がいや何らかの支障を抱きながらも、その人らしく生涯を暮らしていけるための何某かのcreateに携わりたいと思っています。

香川大学 医学部 看護学科 在宅看護学
教授 松本 啓子

在宅の医療、介護、福祉を支えるネットワーク構築

「療養者やご家族」にとって住みよい街にするために活動しています。

NEWS
SOCIETY
REPORT
ANNOUNCING

NEWS

香川大学だから出来ること、それは、
誰もが住みやすい街にすること。

在宅看護専門看護師としての役割を果たすため、教育はもちろんですが、多様な場で看護を実践しております。

SOCIETY

学会や学術集会で、幅広い知見を得ることで、住みよい街の輪を広げることが重要。

香川大学だけでなく、様々な大学や医療機関から最新の情報を得て、地域に貢献する活動に活かしております。

REPORT

地域で働く看護職のみならず、医療機関で働く方のネットワーク構築が必要。

身体が不自由になっても、住み慣れた家で暮らしたいと願うことは自然なことです。
「療養者やご家族」の気持ちに応えるため日々活動しております。

ANNOUNCING

地域貢献での成果を、
世界に届けるのが使命。

まずは地域で私達の役割を果たし、その成果を世界に届けることが使命です。

TOP